住宅ローンの審査

住宅ローンを申し込みする場合には、仮審査のための書類をあまり考えないで提出する人が多いそうです。住宅ローンの審査にできるだけ一回で通るためのポイントについて見ていきましょう。

一般的に住宅ローンを利用する人の年齢条件は、20歳~65歳になっています。しかしながら、さらに大事なことは住宅ローンを完済する際の年齢です。最終的に返済する年齢はほとんどの場合に80歳までになっていますが、75歳までという年齢制限があることも場合によってはあります。
しかしながら、最終的に返済する年齢がこの条件内になっていても、審査にこれで通るとは限りません。最終的に返済する年齢は、審査において別の項目よりも最も確認されやすいところです。

個人によって、住宅ローンの審査が通りにくかったり、通りやすかったりするのは、収入が安定しているということの判断基準がはっきりしていなく、個人によって違いが大きいからということがあります。自営業の場合には、特にこのところが障害になり、審査を何回も受ける必要があることがあります。そのため、審査に対して営業マンがよく分かっていない場合、書類を言われる通りに作成していると審査に通らないということもありえます。
例えば、短い勤続年数であるため、審査に通らないという場合はよくあるそうです。しかしながら、15年間以前の職場では仕事をしていたなど、審査の際に以前の経歴も確認してもらうと通りやすいこともあるそうです。

本サイトでは、住宅ローンの審査に通るための個人信用情報の大切さと注意すべきポイントについてご紹介します。

Copyright © 2014 住宅ローンの審査に通るには All Rights Reserved.